燻煙剤 ダニ退治

燻煙剤でダニを退治する際に気を付けておきたいこと!

燻煙剤でダニを退治する際に気を付けておきたいこと!

 

ダニアースやバルサンといった、燻煙剤(くんえんざい)を使用し、布団のダニなどの害虫駆除をした経験がある方もいるかと思います。 比較的安価で手に入り、即効性もある燻煙剤は重宝するかと思いますが、そのメリットの裏には当然デメリットも存在しています。 燻煙剤は私たちの体にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

 

【燻煙剤のデメリット】

私たちが普段寝る時に使用している布団には、ダニなどの害虫が付着していることがあります。 それらに噛まれて赤く腫れてしまった、という経験がある方もいるのではないでしょうか。 そのような場合は、ダニアースなどの燻煙剤と呼ばれる薬剤を使って殺虫するかと思います。 しかし、ダニを殺虫する成分が私たちの体に影響を与えてしまうこともあるのです。

 

殺虫するだけの強力な成分は、皮膚への赤みや腫れ、かぶれなどを引き起こす可能性がありますし、最悪の場合アレルギー反応を引き起こしてしまうこともあり得ます。 特に皮膚が弱い赤ちゃんなどは影響が強く出てしまうこともあるため、注意が必要です。

 

安全性を謳っている製品もありますが、念のため燻煙剤を使用した後には、しっかりと天日干しした上で布団を叩き、燻煙剤とダニの死骸などを落とすようにしましょう。 このように有用なものも、時として私たちの健康を損なう恐れがあるものも存在します。しっかりと使用上の注意点などを調べ、取り扱っていきたいですね。