ダニ エサ

室内に多いダニは何を食べている?種類によって変わるエサとは?

室内に多いダニは何を食べている?種類によって変わるエサとは?

 

ダニの種類により食べるエサは変わり、その分類は雑食性か捕食性かに分かれます。

 

 

【雑食性のダニは何がエサか?】

雑食性のダニは、ヒョウダニやコナダニなどが該当し家の中には大量に存在しています。 エサは、人間の汗やフケ、皮膚の垢、お菓子の食べカスなどです。雑食なので、基本なんでも食べてしまい摂取した物を栄養分に変えます。

 

 

【捕食性のダニは何がエサか?】

ツメダニは捕食性の為、雑食性のダニをエサにしています。エサとなるヒョウダニやコナダニが多いと、ツメダニの数も多くなり、刺されるとかゆみや腫れが出るのが特徴です。 【雑食性ダニや捕食性ダニの対策】 雑食性ダニや捕食性ダニの対策は、繁殖させないことが一番のポイントにたります。定期的な掃除と空気の入れ換えや、湿度を高くし過ぎないのも大切です。捕食性ダニは、エサが雑食性ダニなのでその数が減れば、捕食性ダニも減ります。

 

 

【ダニのエサにさせないポイント】

ダニのエサになる人間のフケは、寝る時の布団類に多くあり、中でも枕にはフケが多い分ダニも多く存在しています。敷布団や掛布団、毛布など定期的な日干しや掃除機などの使用と合わせて、枕もしっかり清潔にする必要があります。 ダニが繁殖しにくい素材の枕や、水洗いできる枕など様々なタイプがあるので、そういった商品を利用した対策も良い方法です。