布団は叩くな!布団のダニ駆除方法を徹底解説

布団は叩くな!布団のダニ駆除方法を徹底解説

布団は叩いても意味がない!

布団,駆除方法,ダニ

 

『バンバンバンバンッ!!』と布団を干した後、
力いっぱい叩いている光景は何度も見たことがあると思います。
しかし、これはホコリが布団から出ているのではなく中綿細かくなり、
布団の隙間から飛び出しているだけなのでほとんど意味がありません。

 

そればかりか叩くことで布団自体を傷つけることとなり、破けてしまう原因にもなります。

 

 

じゃあ、どのようにしてホコリを取れば一番いいのかというと、
布団のホコリを取る場合は、
丸洗いした方が確実に取ることができます(手間はかかりますが)

 

 

ダニ対策から見た布団叩き

ホコリでもそうでしたが、
ダニ対策の観点から見ても布団叩きは意味がありません。

 

ダニは主に中綿に生息しているので、叩いたぐらいでは死なないためです。

 

それだけならまだ良いのですが、
叩くことによって死んだダニを細かくしてアレルゲンをばら撒くことになるので、
アレルギー体質の方は特に注意が必要です。

 

 

アレルギー体質の方も上にも書いたように、
ホコリ、ダニの死骸を綺麗に除去するなら布団丸洗いがおススメです。

 

 

ただ、布団を洗って…、干して…、乾かして…となると手間が半端ないことになるので、
それが面倒という方は布団丸洗いサービスなどもあるので、
そちらを利用すると手間が少なくて良いでしょう。

 

 

本気始める人の防ダニ布団はこちら

 

布団のダニ退治方法

一般的な布団ダニ対策は間違い?

布団,駆除方法,ダニ

 

一般的に布団のダニ退治をどうやって行うかと聞くと、ほとんどの方は天日干し後に布団用掃除機で吸引すると答える方が多いのではないでしょうか?

 

このやり方で間違っているとは言わないまでも、私はどちらのやり方も正直あまりおすすめはできません。

 

≪おススメできない理由1≫

ダニを退治できる温度は50〜70度と言われています。(諸説ありますが)

 

ここはよく勘違いされがちなのですが、
これは布団の表面の温度のことではなく、
内部温度が50〜70度に達する必要があるということです。

 

 

しかし、真夏の天日干しでも表面温度が50度ぐらいまでしかいきません。
また、ダニは明るいところが苦手で、暗い布団の裏側に行く習性があります。

 

このように表面温度が50度までしか上がらない天日干しでは、
布団内部(裏側)に逃げたダニを熱で退治するのは厳しいです。

 

 

一応補足としていうなら、天日干しで退治することはできませんが、布団を乾燥させることで、ダニが苦手の環境(湿気の低下など)になる為。増殖は防ぐことができます。

 

≪おススメできない理由2≫

次に、布団用掃除機でのダニ退治についてです。

 

こちらはダニの死骸を吸引することはできますが、
生きたダニは吸引することはできないため、
≪ダニ退治≫を目的にした時には向いていません。

 

 

このことは某テレビ番組で実験していたので、こちらを参考にしてみてください。

掃除機でのダニ吸引の詳細はこちら

 

 

また、布団用掃除機でアレルギーの原因となるダニの死骸や糞は吸引することはできるますが、ノズル部分がダニアレルゲンを布団や枕など全体に擦り付けてしまうことになるので、アレルギー対策としても疑問が残ることになります。

 

私の布団ダニ対策

布団,駆除方法,ダニ

布団のダニ対策はこうするべき

布団のダニ対策に必要なことは2つあります。

  1. アレルゲンとなる死んだダニを除去する
  2. 生きたダニを駆除する

 

アレルゲンとなる死んだダニを除去する場合

アレルゲンとなるダニの死骸や、
フンなどを除去するなら布団の丸洗いが一番効果的です。

 

ダニの死骸やフンなどは水溶性になるので、
家で洗う時はお風呂で手洗いするか、
大き目の洗濯機がある場合は、
そちらを利用することでほとんどのダニアレルゲンを落とすことができます。

 

※布団の種類によっては洗えないものもあります。

 

 

このように丸洗いすることでアレルゲン物質はほとんど落とせるのですが、
手間がかかるので面倒な場合は布団の丸洗い業者などを利用すると良いでしょう。
ダニアレルゲンを除去できるほか、防ダニ加工もできるようです。

 

 

ダニ駆除&アレルゲン除去が出来る布団丸洗い

 

 

生きたダニを除去する場合

生きたダニを除去するには、
上記と重複しますが布団内部の温度が50度〜70度必要です。

 

ためしてガッテンで放送していた方法は、ビニール袋の中に布団を詰め込んで炎天下の車の中に2時間放置するという方法でした。

 

 

確かにこの方法で生きたダニを駆除することができるのですが、
実は問題があってこの方法はしか使えないということです。

 

現在は冬でもエアコンやストーブなど室温が下がりきらない為に、
一昔前のようにダニが急激に減るわけではありません。
その中で夏にしか使えないこの方法は、少々欠陥があると言えます。

 

 

ダニ駆除の必殺技はコインランドリー

では、どのようにして生きたダニを駆除するのかというと、
コインランドリーの乾燥機を利用すると効果的です。

 

コインランドリーの乾燥機は80度〜120度の熱で布団を乾かすので、
十分に生きたダニを駆除することができます。

 

アレルゲンの除去は布団の丸洗い、生きたダニの駆除には乾燥機を擁すれば良いので、
コインランドリーに行けばどちらも対策できるということです。

 

※洗えない布団があるのと、生地が傷んでる場合は中綿が飛び出す可能性もあるのでご注意ください。

布団のダニ対策まとめ

 

 

  • 丸洗いでダニアレルゲンを除去する必要がある
  • 乾燥機の熱でダニを駆除する必要がある

 

以上が布団のダニ退治になります。
布団を叩いて、掃除機かければOK!にならない事が分かったと思います。

 

注意点

コインランドリーを使用する際には、
生地が痛んだり、洗えない布団などがあるので自己責任でお願いします。

 

高い物を洗いたい場合は、丸洗い業者を利用する方が安全でしょう。

 

ダニ駆除&アレルゲン除去が出来る布団丸洗い業者